2014年06月20日

病院付添い者用レンタルスペース


経験した人にしかわからないことですが、
家族や友人が手術や長時間の検査を受ける場合、
待っている人は非常に辛い思いをします。

病院の待合室は、決して居心地の良い場所ではなく、
長時間座っているのは苦痛以外の何ものでもありません。

疲れたからといって、
寝ることはもちろん、横になることさえできません。

テレビがあったとしても、
好きなチャンネルに変えることはできません。

ただひたすら、じっと耐えるしかないのです。

精神的に疲れているのに、肉体的にも疲れてしまいます。

大きな病院になるほど、待機する人は多く、
待合室は混雑し、落ち着くこともできません。

そんな人たちに、
安らげるスペースを提供するビジネスはどうでしょう。

ネットカフェ風にしつらえた
小さな個室を貸し出すのです。

ゆったりとしたソファで、テレビがあり、
ネットが使えるスペースです。

そんな場所があれば、長時間の待機であっても、
疲れは少なくて済みます。

問題となるのは、付添い者はすぐに連絡の取れる場所で
待機しなければならないこと。

本来は、病院内で待つことが求められます。

これをクリアするためには、
レンタルスペースを病院のすぐ近くに設置すること。

病院との連絡システムを作ること。

病院がすぐに付添い者を
呼び出しできるようにしなければなりません。

病院と提携することができれば、
付添い者の負担が非常に少なくなるので、
喜ばれることは間違いありません。

こうしたビジネスこそが、社会に貢献できるのです。

posted by 佐藤きよあき at 11:00| ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする