2016年11月16日

“小粋な江戸っ子”になれる、立ち食いそば屋


立ち食いそばの愛好者はたくさんいます。
各地のお店をまわるマニアの数も相当なもの。

お店のその期待に応えるべく、味の追求を怠りません。

いまでは、立ち食いでありながら、
そばの打ち立て、茹で立てを提供するお店も多々あり、
そば粉100%の「生粉打ち」のお店まで登場しています。

しかも、立ち食いの価格なので、大繁盛。

そこで、さらに「そばの世界」に踏み込んだお店を
作ってはどうでしょう。

そばと言えば、
江戸っ子の小粋な食べ方に憧れる人は多くいます。

一人でふらっと入り、板わさでちょいとお酒を飲み、
焼き海苔でもう1本。

締めのそばをすすり、長居せずにさっと帰ります。

これを立ち食いそば屋で再現するのです。

用意するものは、
「お酒の一合徳利」「焼き海苔」
「板わさ」「出し巻き玉子」
「焼き味噌」「鴨焼き」など、
老舗そば屋で出しているようなもの。

老舗のそば屋で小粋を気取ると、結構な金額になるので、
立ち食いそば屋で“ちょいと体験”といったところです。

立ち食い文化が広まっているので、何の抵抗もないはず。

新しい“小粋立ちそば”の文化が
生まれるかもしれません。

posted by 佐藤きよあき at 15:07| ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

肉屋・魚屋が運営する「バーベキュー広場」


バーベキューが流行っています。

海や山のレジャーをはじめ、
都会でも河原や公園でバーベキューを楽しんでいます。

何も用意せずに、
行くだけでバーベキューのできる施設もあれば、
道具や食材すべてをケータリングしてくれる
サービスもあります。

そんな流行に、
食材を提供しているお店が参入するのです。

肉屋さん・魚屋さんが、近くの土地を確保して、
バーベキュー広場を作ってみてはどうでしょう。

食材を購入したお客さまは、
無料で利用できるようにします。

最近は、お店に併設するカタチで、
その場で食べられるコーナーを
作っているお肉屋さんもあります。

しかし、“バーベキュー”というカタチが重要なのです。

ただの「焼肉」ではなく、
楽しい雰囲気を求めているのです。

また、いまの消費者は、手軽さ・気軽さを求めます。

手間を掛けずに、
バーベキューを楽しむことができるなら、
飛びついてくれます。

室内型の施設にすれば、冬場でも来てもらえます。

これで、肉や魚をまとめて売ることができます。

posted by 佐藤きよあき at 16:47| ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする