2013年04月01日

災害サバイバル講座


地震・津波・竜巻など、大災害に遭遇した際に、
人は無力となり、慌てふためくばかりとなります。

ところが、これだけ災害に対し
警鐘を鳴らしているにも関わらず、
人びとは何も準備をしていません。

必要ないと考えているわけではなく、
何をすれば良いのかがわからないのです。

危機管理の専門家たちが、
「こんな時には、こうしましょう」
と言ってはいるものの、情報はこま切れで、
余程意識を持った人でないと、
右から左へと忘れてしまいます。

それは、テレビや雑誌が、
“話題”として取り上げてしまっているからです。

災害を生き抜くために、人の命を守るためには、
政府が主導して、国民に危機管理の徹底を
図るくらいでなければなりません。

行政はもとより、国民ひとりひとりが、
災害に対処できるような技術を身につけるべきです。

「災害サバイバル学」
という学問として確立しても良いくらいです。

自分が生き延びるため、家族を守るため、
友人を助けるためにも、学んでおくべきです。

サバイバル学の内容としては、

・大都市における災害から身を守る方法
・津波から逃げる方法
・帰宅困難者となった場合の対処法
・携帯/スマホが使えなくなった場合の
 家族への連絡法
・避難所での生活法
  :
  :
などなど。

知識として持っているだけでも、大きな価値があります。

講座では、専門家の講義に加え、
できる限り実践的な訓練を行うことにより、
災害サバイバルのリーダー的人材を育成します。

日本全国にリーダーがいれば、
その地域を救える可能性は高くなります。




■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 16:39| ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする