2016年06月05日

残り食材のリサイクル食堂


飲食店の食材仕入れは、
その種類と量が、平日と休日でほぼ決まっています。

しかし、日によってお客さまの数は変動するので、
食材が残ることも多く、
その処理に悩む店主もたくさんいます。

アイデアと工夫で、次の日に活用するものもありますが、
食材によっては、どうしても使えないものがあります。

仕方なく、店主や従業員が持ち帰りますが、
それも頻繁では処理しきれなくなります。

こうした食材を引き取ってくれるサービスがあれば、
飲食店は悩むことなく、助かるのではないでしょうか。

契約した飲食店から、毎日食材を安く買い取り、
その食材を調理して、安く提供する食堂を作ります。

決まったメニューは作れませんが、
その分安く提供することで、
貧困層を助けることができます。

また、飲食店だけではなく、農家をまわれば、
出荷できない規格外の野菜を
安く手に入れることができます。

新米の季節になれば、
前年のお米が納屋に放置されていることがあります。

これらも交渉すれば、安く売ってくれるはずです。

世の中には、捨てられる食材がたくさんあります。
あり過ぎです。

もっともっと活用しなければなりません。

posted by 佐藤きよあき at 10:43| ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする