2018年04月11日

世界のスイーツが食べられるお店


世界中の食品・食材が次々に入って来る日本。

出掛けて行かなくても、世界中の味が楽しめるのは、
日本くらいのものです。

この幸せな国でも、
まだまだ手に入らないものがたくさんあります。

そのひとつが、海外の伝統的なスイーツです。

海外からはさまざまなスイーツが入って来てはいますが、
そのほとんどが日本へ来てアレンジされてしまいます。

クセが強過ぎて、日本人には合わないのです。

しかし、それでは、
その国の味を知ったことにはなりません。

海外の食文化を知るには、本物の味を経験すべきです。

スイーツ好きの中には、
そういった欲望を持つ人が増えています。

極めたい人は海外に出掛けて行きますが、
簡単なことではありません。

そこで、世界中の本物のレシピで作ったスイーツを
販売してはどうでしょう。

スペイン「ポルボロン」、ベルギー「スペキュロース」、
ポルトガル「ボーロ・レイ」、イタリア「ズコット」、
オーストリア「シュトゥルーデル」など。

潜在需要は多く、注目度も高いはず。
必ず行列となります。

posted by 佐藤きよあき at 16:22| ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

タブレットで買い物サポート業


地方に暮らす高齢者は、買い物難民です。

移動販売の復活や宅配スーパーによって、
若干改善されつつありますが、
手に入るのは食料品や日用品のみです。

服や化粧品を買いたい。家電や家具も。

そんな望みを叶えることは、非常に困難です。

そこで、買い物をサポートする事業を立ち上げます。

タブレット端末を持参し、高齢者のお宅を訪問します。

欲しいもの、探しているものを聞き、
ネットで注文してあげます。

代金は代引きとして、手数料をもらうようにします。
あるいは、支払いまでを代行し、
その場で現金を受け取ります。

パソコンやスマホを使えない高齢者にとって、
ネット注文を代行してくれる存在は、
頼もしいのではないでしょうか。

欲しいものが容易に手に入るのですから。

もしくは、ネットショップ専用アプリを開発し、
「買い物専用タブレット」のレンタル事業
としても良いかもしれません。

複雑な操作はすべて排除し、
買い物だけができるようにします。

posted by 佐藤きよあき at 11:07| ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ラブドールとVRのセット販売


昔はダッチワイフと呼ばれた「ラブドール」。

現在は、非常にリアルな造りとなり、
人気が高まっています。

社会の表に出てくる存在ではありませんが、
必要なものです。

存在を否定されるような扱いを受けていますが、
社会が許容するようになれば、利用者も増え、
性犯罪が減少するのではないでしょうか。

そのラブドールとVR(バーチャルリアリティ)の
ゴーグルをセットで販売してはどうでしょう。

VRの映像は、ラブドールとデートできる設定にして、
最終的には性交渉ができるようにします。

よりリアルな世界を創ることで、
性の欲求を解消できるようにします。

性犯罪をなくすためにも、必要なことだと思います。

posted by 佐藤きよあき at 14:40| ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする